FC2ブログ
topimage

2019-11

キハダマグロ - 2010.02.08 Mon

キハダマグロ(黄肌鮪、真鮪(ましび))


紅色が鮮やかなさっぱり上品な味。

▼別名
シビ、ハツ、キワダ、チャッパ、キメジ(若魚)
名前の由来
昔ヒレのことを「ハタ」とよんでいた事から黄色いハタでキハタ(キハダ)という説と体が黄色みかかっているため「黄肌」という説がある。

▼旬
春から初夏。秋から初冬の2回。
主産地、分布
世界中の温帯から熱帯。初夏までは四国、九州の定置網。黒潮に乗って北上し、相模湾でも。秋は金華山沖。
◎旬の記載がありますが、日本で水揚げされた場合です
今回インドネシア海域での水揚げです

▼特徴
胸びれが長い。成長してくると、第2背ビレと尻ビレが長くのびる。
まめ知識
若魚を「キメジ」と呼ぶ。大阪では鮪といえばキハダを指し、消費量日本一は名古屋らしい。

▼栄養素、旨み成分
身が締まっていて、たんぱく質は生鮮食品ではNo.1、なおかつ脂身の少ないキハダは低脂肪・低カロリー。
この時期から五月くらいまでのキハダにはマグロ独特の甘味があります。
マグネシウムも豊富、鉄、ビタミンB1、タウリンも多い。もちろん、DHA、EPA(IPA)も含まれる。 最近では、キハダの皮からとったコラーゲンで化粧水が作られている。血合肉にはタウリンが多い(魚介類の中で4番目)
選び方
鮮紅色が鮮やかなもの。若魚(キメジ)は体に黄色い鮮やかなラインがあります。
食べ方
刺身、バター焼き、フライ。初夏のキハダは生姜醤油にも合います。

実は、肉と同じ様に炒めて食べると、肉と同じ感覚になります


このチャンスお見逃しなく




マグロ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iuchi.blog119.fc2.com/tb.php/44-5d2d0055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キハダマグロUPします «  | BLOG TOP |  » 城崎おけしょう鮮魚店

プロフィール

イウッチ

Author:イウッチ
ようこそ
大阪市中央卸売市場内の
井内水産です。

長男の嫁、時々プライベートと
おもしろ、おかしく、掲載させて頂いております

どうぞ、よろしくお願いします


市場へのご来店、大歓迎します

ブログを見たとお知らせ下さい

一部商品は、配達専用となります

よろしくお願いします





最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

AquariumClock 2

検索フォーム

カテゴリ

魚の説明 (312)
晩ご飯 (26)
お届け説明 (18)
市場見学 (12)
魚の保存方法 (2)
未分類 (2128)

FC2カウンター

FC2

FC2Blog Ranking

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

てんとう虫がうろちょろします

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード